銀行系で即日融資してもらうには

即日融資をしてもらうとしたら、みなさんはどこで借りたいと思いますか?
信用度で言うと、銀行系、信販系、消費者金融系の順なのではないでしょうか。
金利の低さも、だいたい銀行系、信販系、消費者金融系の順番で低いということができます。
信用度・金利の低さから考えると、銀行系のカードローンを利用したいと考えるのは普通でしょう。
ですが、即日融資が必要な時は、銀行系で大丈夫なのかと心配する方も多いと思います。

これまでの、銀行系でネックとなっていたのは、審査が厳格でスピードに欠けるということです。

必要な書類が多かったり、審査に時間がかかるというイメージがありますが、今はそのイメージ通りとは必ずしも言えません。
銀行系でも個人へのサービスを充実させていますから、以前と比べて審査もかなりスピーディーになっていますから即日融資でも十分間に合わせることができます。
同じような銀行系であっても、親会社がどのような業種があるかによってもサービスがかなり違うようです。
金融の自由化によって、現在では多くの業種が銀行サービスを提供しています。
都市銀行や地方銀行はもちろん、インターネット専業の銀行、コンビニやスーパーといった流通系も参入してきているのはご存知でしょう。
それぞれの銀行では、さまざまなカードローンを提供しています。

そして、さまざまなサービスがあるメリットともに銀行系の大きなメリットは、消費者金融系よりも限度額が大きいということです。
総量規制の対象となっているのは消費者金融系などで、銀行系は対象外になっているため、消費者金融系よりも限度額を大きくすることができます。
また、金利が低いために、返済しやすいというメリットも大きいのではないでしょうか。
ただ、同じ銀行系であっても、系列の消費者金融の場合、総量規制の対象となりますから気をつけましょう。
銀行系のカードローンで即日融資を行ってもらう場合、一つ気を付けなければならないことがあります。
それは、銀行の店舗業務が、午後3時で終了してしまうということです。
借入の申込をしたタイミングによって、その日のうちに融資をしてもらえない可能性もあります。
そのため、その日のうちにどうしても借りたいというのであれば、午後3時までに入金してもらえるタイミングまでに、借入の申込みをしなければ間に合いません。
それを踏まえておけば、銀行系だからといって何も特別構える必要はないのです。

また、インターネット専業銀行であれば、一般の銀行が業務を終了する午後3時以降であっても、口座に借入れたお金を振り込んでもらうことが可能な場合もあります。
それぞれの銀行系で、いつまでに申し込めば即日融資をしてもらえるか、しっかりリサーチしておくことをおすすめします。
ネットバンクのカードローンの場合、ネットバンク口座への入金であればスピーディーで、店舗運営の経費が掛かっていない分、金利が低く設定されていることがよくあるのです。
同じ銀行系であっても、サービスや金利には大きな差があることがありますから、できるだけ有利なところのカードローンを利用するようにしましょう。

Comments are closed.